ウォーターネイルケアってご存知でしょうか?お湯に指先を漬けてしっかりと角質を柔らかくし、メタルプッシャーという甘皮を持ち上げる器具で爪廻りのルースキューティクルをよせて、キューティクルニッパーで角質を除去をするというネイルケアです。

実はこのウォーターケアって意外とやっているサロンが少ないのです。理由は端的に時間がかかる事と、ニッパーによるケアが難しいからです。日本ネイリスト協会はネイルケア=ウォーターケアと定義しています。ドライケアというものは存在せず、それはアクリルやジェルをのせる前処理にあたるプレパレーションでありネイルケアではありません。

つまり、ウォーターネイルケアをせずにジェルやアクリルを施術するということは、顔を洗わずにメイクをする様なものですね。せっかく綺麗にジェルやアクリルが施術してあっても、キューティクル廻りが綺麗に処理出来ていなかったら台無しです。キューティクル廻りのケアが出来ているとジェル/アクリル、そしてポリッシュの持ちも良いです。また綺麗な爪が生えるように爪育ができます。

当サロンでは、このネイルケアに特化した資格である「ソネ研ネイルケアマイスター」の資格を持ったネイリストが心を込めてケアを致します。当店自慢のネイルケアをぜひご体験ください。